内向型人間の生きる道

内向型人間の生き方として考察した事を書いています。

何かをやっていない事も、何かをやってるんだと思うんだけど・・・

福祉とかそれに関連するNPOは当然、補助金を国からもらっている。そういう時に国から「何か当事者が活動した証拠を見せろ」と言ってくる。だから当事者はそれを証明しなくてはならないらしい。

僕はそれにいつも疑問がある。それは「何かをやっていない事も何かをやっているんじゃないかな?」と。

例えば、ひきこもりとかの居場所には集まって話すだけで何か肩の荷が降りる事がある。すごく気分が楽になる事もある。それをただ雑談するだけととらえるのが疑問だ。

福祉だけではない。職場においてもそれがはたして有効なのか考えず「がむしゃらに工夫する事が正しい」みたいな風潮があると思う。

以前、ひきこもりの支援者で人との沈黙が気にならないという人がいた。私もそれに賛同するが、なにか行動する事・なにか工夫する事・しゃべる事が善みたいな感じがあるような気がしてならない。

いや支離滅裂な文になってしまった・・