読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内向型人間の生きる道

内向型人間の生き方として考察した事を書いています。

ひきこもり支援者の講演会に行ってきました。

先日、試験終わりに、僕がおとづれているひきこもりの居場所の世話人の方の講演会に行ってきました。

場所は姫路で、だいたい40名ほど。そこには家族がひきこもっているとか、いのちの電話にボランティアとして携わっている人、一般人など様々な方がいらっしゃいました。

 

語りたくない過去・苦悩

その方がおっしゃっていたのはひきこもりの人・支援者は語りたい過去しか語っていないという事です。よくメディアや本で取り上げられるのは、きれいにひきこもりを脱して成功した人や支援者のメディア向けに語られる都合の良い過去・苦悩ばかり。本当に語りたい事は当事者は語っていない、という事です。

その例としての出来事がすごかったです。ひきこもっていた場所を燃やし、親の名字を理由は分からないけど、嫌い、裁判所で名前を変えた人、弟が30年間ひきこもったあげく遠い首都で著名人への脅迫で逮捕された人など生々しい現実がありました。そういった人達の事はメディアでは取り上げられません。

そういった声に耳を傾ける事が大事だとおっしゃっていました。

最後は家族

支援者の仕事は家族と本人を向き合わせる仕事だとおっしゃっていました。例えば15年間ひきこもっていた人の弟が相談にきました。その人は家の母屋とは違う、離れた物置小屋に住んでおりもうコタツの中にずっとうずくまっていたみたいです。保健所さん、精神科医があたっても駄目らしく、ついに「小屋を空ける」という事になりました。弟・父・保健所の人・支援者・万が一のための警察官を連れてその前に来ました。そこで母親が支援者にバールを渡したらしいです。すると支援者の方が「それは違う。家族にやるべき事じゃない。あなたたちがドアを開けてください。そして優しく声をかけてください。」と。

そして弟と父が小屋を開けました。簡単に開いたらしいです。「お兄ちゃん、助けにきたよー」「(息子の名前)大丈夫かーもう平気だよ」コタツをはがすと当事者がうずくまっていました、ちくしょーって叫びながら。そのまま二人で抱きかかえて、居間に連れていきました。「お願いがある。一つは二階があるからそこでひきこもってくれ。二つ目は必ず食事はこの居間で食べる事」

その日から当事者は食事をとるようになり、小屋は解体されました。

家族と当事者の役割の触媒としての支援者みたいです。ただその当事者の心をとかし家族と向き合わせるのは並大抵の事ではありません。

中高年引きこもり当事者とその家族をどうするか?

これはもっかの課題みたいです。これからその方は中高年ひきこもりを支援する市民の会を作るみたいです。障害者でもなく、かといってそういった人達を受け入れてくれる企業があるか、どうか。

現在は非公式ですが、そういったご家族と当事者が集まる場所を作って食事会を行っているみたいです。

この事に回答はまだないみたいです。就労支援施設の長も来ておりそういう従来の就労支援にのらない新たなオルタネイティブな形を作る、みたいな事は言ってました。C型みたいな。

それにしてもこの方はあちこちに支援組織を作ったり、自腹で家族を援助したりすごいタフだなと思いました。それなのに笑顔で冗談ばかりいって。

終わった後も打ち上げにいったのですがその間にも一件、ひきこもりの若者への訪問をしていて本当、すごいなとおもった次第であります。