読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内向型人間の生きる道

内向型人間の生き方として考察した事を書いています。

ひきこもりの就労支援施設で話を聞いて。

去年に、ひきこもり記事を見て興味を持ち、某県NPOのひきこもり就労支援施設を訪ねた。場所は閑静な住宅街にあり、内装もとてもきれいで落ち着いていた。

場所は二階建てになっており、二階に通されると有名の利用者の方がPCの作業をしておられた。

自身もひきこもりの経験があるという代表の方に色々、話を伺った。

人とのつながりを増やす事

その方が言っていたのは人とのつながりがあった方がいいという事。そこから脱出できる糸口が見つかるかもしれないし、何か仕事のつながりができるかもしれないから。ひきこもり当時社会や、こういったNPOに顔を出してみるのもいいかもしれない。

健常ルートから外れてしまったんだから、面接→就職よりもこういった縁故から働いてもいいかもしれない。また自分の知人はチャット友達から、就職が決まった人もいる。

好きな事をする事

かつて写真が好きな人がいてそれを撮ってはブログにあげていたらしい。好きな事に反応がある事で自信を持ち、また持たなくても自分の中で満足できる事で元気になっていく事もある。

自分の場合はブログを書く事が好きなので、興味を持った事について訪ねて書いたほうがいいと言われた。なぜならわざわざ記事を見てこういった場所に出向く行動力がすごい!と言われたから。

まあ自分ではそんなすごいと思わなかったが、言われてみればそうかもしれない笑。

 

安定して働く事が大事

雇用形態は大事だけど、やっぱり働き続ける事が大事だと思うみたい。その県ではハローワークの求人のほとんどが非正規だったりするらしい。また社会保険も微妙なところがある。今ならWワークも可能かもしれない。自分に合った場所が大事との事。

別に全てを鵜呑みにする必要はないけど、良いアドバイスだと思った。

あとこういった施設はやっぱり人が辞めていくらしい。NPOは給料も安いし、補助金もあまり出ないから。けどこういった施設を必要とする人はたくさんいるし、永続的に事業を続けていくためにももっと補助金を出してあげてほしいと思った。個人的にこういった施設で働いてみたいな、とも思ったし。

 

あとやっぱり思うのは、こういった施設の利用者のほとんどが男性なんだな、という事。女性はほぼゼロ。