内向型人間の生きる道

内向型人間の生き方として考察した事を書いています。

「保育園落ちた日本死ね!!!」と創作の秘訣について

今日、地元のシナリオ教室の無料体験に出かけた。そこですごく面白い話を聞けたので紹介したいと思う。

私がこの教室に通いたいと思ったのは、シナリオが作りたい、優れた物語を作りたいと思ったからだった。しかし、その先生はこう言った。「シナリオは物語を書く事ではなく人間を書く事だ。初心者が物語をいざ書こうとしても書けない。なぜなら何を書きたいかわかっていないからだ。では何を書けばいいのか?常識の向こうの自分の本音である。」

普段、生きていて私たちは無意識の内に社会の常識や価値観を身につけている。そしてその中で脚本を書くとどうも優等生的なつまらない物になりがちで似たような無個性物語を量産してしまう事になる。

では個性的な物語とは何か?個性とは独善であり、社会の常識を逸脱した本音=その人の芯の価値観・叫びである、と。そして本音は普遍性を持つんだという。

最近、話題になった「保育園落ちた日本死ね!!!」は強烈な言葉である。それはその人の本音が書かれているがゆえに、社会の通念を破壊した本音だからこそ人の胸を打つ。

創作をする前にまずこの社会の常識という衣を脱ぐ必要があるのである。そこから出た本音が魅力的な人物を生み、強力なドラマツルギーの軸になる。

創作を目指す方はまずこの社会常識を超えた自分の本音を見つめる事から始めた方が良いかもしれない。