内向型人間の生きる道

内向型人間の生き方として考察した事を書いています。

ユーモアのある人=違和感を感じれる人

僕はお笑いが好きでよく日本のお笑いとか海外のお笑いを見るんだけど最近、思ったのはユーモアのある人は違和感を感じれる人なんじゃないか?と。

そう感じたのは亡くなったテレビ評論家・ナンシー関が「ダウンタウンのごっつええ感じ」について書いていた記事からだ。

そこでごっつええ感じのコント「おかんとマー君」を評して母親という存在の痛さをダウンタウンは可視化した、と書いていた。

これが非常に納得のいく文章でした。立川 談志さんという人が「談志・円鏡歌合戦」というラジオ番組で不条理な掛け合いをしていました。

パナマ運河をもらった」「すけべな野郎だ」と。これは「パナマ」という言葉にスケベな語感を感じそこから発想したんじゃないだろうか?と思いました。

こういう違和感を常に感じれる人間になりたいな、とふと思いました。