内向型人間の生きる道

内向型人間の生き方として考察した事を書いています。

最近、見て感動した二つのドキュメンタリー

① U-29 遺品整理会社社長

この方は女性で、現在遺品整理の社長業を一人で行っている。この女性は岡山出身で受験に失敗し、大分の大学へ進学、就活するも100社失敗し介護職に就くが重労働で一年で退社。その後、遺品整理会社の正社員になり、亡くなった方の想い出を整理するこの仕事にやりがいを見出す。最初、介護職員になった時、「自分が人生を全うしていない」という気持ちに強くなったみたいだ。そしてこの仕事について思うようになったのはこういう思いだという。「一人一人の人生がすべてウソ偽りなく尊いものだと思う。将来の事は実はまだ未定です。ただこの仕事を始めて自分は一日一日を大切に生きなければならない、と誓うようになった」と。

もがき続けた先にあったのは、意図せざる自分のやりがいが持てる仕事と同時に、人生をより深く味わう意義だった。

② キミの事聞かせてよ~木原雅子の出張授業~

学級崩壊で授業が成り立たない学校をおとづれ、それを成り立つようにするため出張授業を行っている木原雅子京都大学教授。今回おとづれたのは宮崎の中学校だった。先生に暴言はいたり、集団になるとからかいがエスカレートしたりが多発していた。

木原さんがこの出張授業を始めたのは苦い過去があった。過去に若者のエイズ性感染症が増加した時に学校に訪ねて集団の予防授業をしても全く効果がなかったのだ。またある生徒から「私は体が大人だけで気持ちは子供だからコンドームはつけなくてもいい」と言われる始末。そこでまず、生徒一人一人と向き合う授業を始めた。

まず、グループごとに学校に思う事やイライラする事などを話してもらった。そこで聞きたいのは建前ではなく、本音だった。するとわかったのが「先生を攻撃したのではなく、集団に外れないように先生を攻撃している」という事だった。その先生に向けてるベクトルを違う方向に向ける事。ただし、そのベクトルが子供同士になるといじめが多発してしまう。そこでお互いの考えをより知る事が必要になってくる。そうする事で空気の読みあいではない、本当のクラスの信頼関係を作っていくのだ。

次に木原さんは思春期のホルモンのバランスでイライラしやすい時期である事を説明。その次に仲良しグループを分散したチームを作り、そこで「良い友達」、「イライラする時はいつ?」などといった課題を本音で話し合いグループで担当していく。ある子どもの答えをからかった瞬間、「まあそれも一つの考え方だよね」と女の子が言った。確実に成長してきている。

また個別のコミュニケーションをとるために小テストを作った。その解答をするなかで一人一人とコミュニケーションをとった。すると思わぬ副産物が出来た。悩みや困った事を答案用紙にかくようになったのだ。そして先生方も参加するようになり、目立たない子ともコミュニケーションをとるようになった。

クラスは落ち着きを取り戻し、授業がスムーズに運行するようになった。最後にこの授業を受けた先輩からのメッセージを流し、過去と将来の自分に向けて手紙を書く授業を行った。「自分が子供たちに教えた」というより「子供たちの中にある物を引き出したんです」そう木原さんは微笑んだ。

人を育てるには、一人一人と向き合う事がいかに大切か、それは子供だけでなく社会でもそうなんじゃないか。とこのドキュメンタリーを思った。

 

 

さすらう人の安住場所って、どこにあるんだろう?

最近、ニートのphaさんの本を読んでいて、前の職場を辞めたのはそこに死ぬまで居続けるのが嫌で一つの場所に居続けるのが無理だからという話をしていた。これは自分もよくわかる事だ。

大阪出身で神戸在住平民金子さんも神戸は最終的な安住の場所じゃないと言っておられた。

僕もそういうタイプで一つの場所に縛られるのが苦痛で仕方がないのだ。

人によって安住する場所は違う。それは地元だったり、大阪・東京などの都会なども含むだろう。

自分は地元がそこまで好きじゃないのでここが安住する場所だとどうしても思えないのだ。

放浪癖のある人が、落ち着く最後の場所ってどこなんだろう。そうできた人に話を聞いてみたいと思う。

最近、有償のボランティアが楽しい。

現在、就活はお休み中で有償のボランティアに行ってるのだけどこれが楽しい。お金がもらえるっていうのもそうだけど、働く人も引退した人達なので話してて新鮮だ。

大体、近所の高齢者の悩み事、例えば草刈りやお風呂掃除などに行くのだが毎回、場所が違うから飽きないし、仕事の範囲も明確なので黙々とやれば時間が過ぎる。これが一つの家庭にずっとつきっきりなら濃い人間関係に疲れるだろうが、そうでもない。働いててすごく気分が良い。

今週末はいよいよ短期のアルバイトに挑戦する。怖いけど、楽しみだ。

人と話して分かる自分の志向

世の中で共通する感覚を持ってる人と出会うのは難しい。その中で、今日、そういった人と出会い久しぶりに話し込んでしまった。自分が変だと思っている自分の癖に。

・男だけど、男嫌い。女性の集団の中にいるほうが落ち着く→男の圧がある感じが苦手。

・フリーペーパーが好き、広報誌が大好き→情報を手軽に手に入れられる。

・旅行に行くとその土地のフリーペーパーをもらう→その土地の生活を想像するのが好き

・女性的と言われる趣味が好き→料理、生け花、縫製

・集団にはみ出ている人が、ほっとけない→それは優しさというよりも、そういう人がいるとなぜか気持ち悪くなるから

・世の中の穴を埋めたいという感覚。

・要するに次女気質。男らしくはない。

・職人に憧れる。大企業の社長よりも、日本一うまいメロンパン作る人に憧れる。

 

ゆる~く働いてる男性が白い目で見られない国がうらやましい。

最近借りたツイッターでも活躍中のメイロマさんの「日本の女性がグローバル社会で戦う方法」の本で興味深いコラムがあった。

「日本だとゆる~く働いてる男って非人間あつかいされますわよね。男っぽい仕事しかさせないという営業やれとか。ただし日本以外だと男でもゆるんゆるんの仕事をしてても何も言われない。例えばイギリスですが、仕事が能力・経験主義だからその仕事のスペックに合えば男でも女でもあまり関係なく雇います。例えば男性で病院やら会社の受付をやっている人、結構います。ワタクシが通ってる病院でも総合受付にも専門受付にも男性のおります。若い人やら熟年もいます。最近は秘書にも男性が増えてましてちょっとした話題になっています。銀行の窓口やら送金担当者もそういえば男性多いんですよ。男性でも人の世話が好きだとか細かいことが好きだって人はいますからね。一方で女性で支店長、バスの運転手、インフラエンジニアも普通にいます。あの口うるさいイタリアでも男性事務員、男性保育士、男性銀王窓口います。」

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーうらやましい!

ニート脱出も,道は険しかった・・・・・・・

ニート脱出してもなかなか正社員の道は遠かった・・。最近、実感している。履歴書も何人もの人にみてもらった。面接対策もした。80社近く受けた。だけど受からないどころか最近は履歴書すら通らない。

時間は残酷に時を刻んでおり、もう元には戻れない。20代のロスやツケが回ってきているのである。

このままワーキングプアか、生活保護を受給する未来になってしまうのだろうか。

今大学生/高校生の、特に内気な人に言いたい。

新卒でよい職場に入るべし、そうじゃなければ死が待っていると。給料が良く、安定したよい職場はほとんどコミュニケーション力の高い人が持って行ってしまう。そしてそこに着けた人は御の字である。

 

とにかくもう就職活動疲れました。

黒沢 清監督の講演会に行ってきた。

京都精華大学で行われた黒沢 清監督の講演会に行ってきた。最近の黒沢監督の映画は正直、ダメな作品が多いと思うけど、それでも893taxi、ニンゲン合格、蛇の道、神田川淫乱戦争、叫など大好きな作品がたくさんある監督なので行って損はないと思いはるばる京都に来た。会場は山の上の方にあり、芸大らしく何かの製作している学生が多く、とてもいい雰囲気だった。(黒沢監督もそこをおっしゃられていた)。監督は時折、村上春樹的な軽妙なユーモアを混ぜながら、幾多の映画監督が映画にフィクションを持ち込んできたかを例を挙げて、語っていた。

【工場の出口】

まず、映画の起源はリュミエール兄弟工場の出口から始まっていると述べていた。そこには大量の人が工場から出ていき、馬車なども出てくる。そこには着飾った女工やカメラ目線など明らかにカメラを意識ている風な人が出てくる。そこにはただの何かを映したのではない、演出の意図のあるショットが存在していたと監督は語る。まず、あんな大量の人が出てくるわかがないと。これは確かにそう思った。また大量の人が出てくる中での馬車が出るタイミングも最高だった。

この後、ヒッチコックのサイコのシャワーシーンやペールライダーの反撃シーン、ジョーズの冒頭の男女のかけっこ、小津の風の中のめんどりの階段落ち、など理屈に合わない映画のシーケンスにツッコミをいれ、映画監督が現実というショットを重ねて、映画という虚構を作ってきた事を物語る。ここらへんは黒沢ファンなら黒沢監督の本で読了済みだろう。

【アニメは映画ではない】

これは強調しておっしゃられていた。アニメは物語を効率的に語るのにはいい、と。その理由は詳しくは聞けなかった。自分が思うにアニメは映画と違い、虚構から虚構を作るのであり、映画は現実から虚構を作る、その違いはあると思う。映画の場合、作者の意図と異なる物が映像に入り込んでくる可能性があるがアニメは完全にコントロールされた状態なんじゃないかなぁと。最近、気に入ったアニメは「モアナと伝説の海」であり、アナ雪よりいいと言っていた。

【映画の危機】

映画がフィルムから、デジタルに変わる事や様々なメディアがある中で映画が今後、生き残っていく事は厳しいんじゃないか、と言っていた。かなり危機感を持っているようだった。

最後に2、3質問が出ていたのだけどそこからアメリカ映画がやはり好きだという事、アメリカ映画を日本の土壌でやりたいとおっしゃっていた。そこも一貫して変わらないようだった。